RED ZONE

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~武器はたゆまぬ K.U.F.U.~

ディフェンスのポジション

 あとで読む

Sponsored Link

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)

今回はディフェンスのポジションについて書きます。

 

ディフェンスのポジションもアメフトに準拠するわけですが、オフェンスと違ってあんまり明確に決まっていません。

 

大きく分けると、

 

  • ラッシャー(R)
  • ラインバッカー(LB)
  • コーナーバック(CB)
  • セーフティ(S)

の4つです。

 

それぞれの役割

役割はそれぞれ以下のような感じです。

 

R……7ヤード離れたところに位置して、プレー開始と同時にQBのフラッグを取りに行く。また、ランも止める。

Houston Texans J.J. Watt - New York Jets Tim Tebow

 

LB……フィールド中央の前方に位置して、主にランを止める。

Chiefs-Giants

 

 

CB……フィールドの左右サイド沿いに位置して、主にパスプレーを止める。作戦によってはランも止めにいく。 

Redskins WR DeSean Jackson lines up against CB Richard Sherman.

 

 

SF……フィールド中央の後方に位置して、パスを止める。

Polamalu on Owens

 

オフェンスとディフェンスとの駆け引き

オフェンスはプレーがはじまる前にどこにいるかでポジションが決まりますが、ディフェンスも同じように最初にどのへんにいるのかによって決まり、役割については作戦によって変わってきます。

 

オフェンスのポジションで書いた駆け引きのように、例えばLBが2人、Rが1人でランプレーを止めにくるような作戦に見せておいて、LBはCB的にパスを止めにいき、RもQBのフラッグを取りに行くことをせずにSF的にパスを止めにいく、というようにオフェンスと駆け引きをします。

 

QBは相手がどんなディフェンスをするのか、何をどう止めにくるのかという意図を読んでオフェンスを組み立てるわけです。

 

「ガラ空きになるはずだったところにパスを投げたら、いつの間にかディフェンスがやってきてインターセプト!」なんて展開はディフェンスやっていて一番楽しい瞬間だと思います。

 

 

ディフェンスよりもオフェンスのほうが派手なように見えますが、「オフェンスは進んで当たり前」という感じなので、むしろ、ディフェンスがいいプレーをしてオフェンスを止めたときが試合のなかで一番盛り上がります。

 

 

我慢して我慢して、一瞬の隙を見つけてビックプレーで会場を沸かせることができるというのがディフェンスの一番の魅力じゃないかと思います。

 

http://www.flickr.com/photos/39247913@N06/8115800459

photo by USAG Vicenza

 

ということで、今回はディフェンスのポジションについてでした。

次回はディフェンスのそれぞれのポジションについて書きます。

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)