RED ZONE

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~武器はたゆまぬ K.U.F.U.~

ラッシャーの破壊力

 あとで読む

Sponsored Link

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)

今回はディフェンスのポジション、ラッシャー(R)について書きたいと思います。

 

ラッシャーの役割

ラッシャーは「ブリッツ」とも呼ばれ、7ヤード離れたところからプレーがはじまると同時にダッシュしてQBのフラッグを取りにいきます。


QBがパスを投げる前にフラッグを取ることができれば大成功で、次の攻撃を開始する位置を下げることができます。

 

フラッグを取ることが出来なくても、ラッシャーが向かってくることでプレッシャーがかかりパスミスを誘うことができたり、逃げながらのランニングスローになるようにしたり、手を上げてパスを落としたりと、オフェンスのプレー成立に大きな影響を与えます。

 

毎回単純にダッシュしているように見えて、かなり重要なポジションです。

 

Jason Pierre Paul DSCN1702


それを思い知ったのが、去年の春の大会のことでした。

 

強敵を前に苦戦を強いられながらもなんとか踏ん張っていました。しかし、後半に入って一発ロングパスを通されてしまいます。「この試合、厳しいかも……」とうなだれていたのですが、振り返ってよく見ると、ラッシャーが相手QBのフラッグを持っていました!

 

投げる前にフラッグを取っていたので、ロングパスは無効で6点取られなくて済んだ上、セーフティといって敵陣でフラッグを取ることで攻守交代になる上に自分たちに2点が入りました。

 

このときの彼は本当にチームの救世主に見えました。これはレアケースかもしれませんが、ラッシャーが速い、もしくは上手いチームはもれなく強いです。

 

QBに強いプレッシャーを掛けられて、素早くランプレーに反応して止められるラッシャーがいるだけでオフェンスが崩れてしまいます。

 

プレークラッシャー

QBがオフェンスの司令塔「プレーメーカー」であるなら、ラッシャーはサッカーのガットゥーゾのようなエースを激しく止めにいく「プレークラッシャー」に例えられるかもしれません。

 


ひとりで相手オフェンスを蹂躙してしまうようなダイナミックなプレー、QBの準備を全部台無しにしてしまうような圧倒的なプレーができるのがラッシャーの魅力じゃないかと思います。


ドS的なことをしていますが、毎回10ヤード近くをダッシュし、10回に1回の成功に喜びを見出すのは実はドMなんじゃないかと、体力のない自分は思っています。

 

NFLで最強の破壊力を持つプレーヤーといえば「J.J.Watt」 でしょう。

彼がいるので自分はテキサンズを推しています。

 

ということで、ラッシャーの魅力でした。

<

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)