RED ZONE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~My Weapon is untiring K.U.F.U.~

コーナーバックの支配力

Flag Football Tips Flag Football Tips-Defense
 あとで読む

Sponsored Link

Written by Kyohei. (@twitter&@facebook)

今回はディフェンスのポジション、コーナーバック(CB)について書きます。

 

CBはフィールドの外側に位置していて、主にパスプレーを止めます。

Sterling Moore breaks up the pass - SMU v. Texas Tech

 

オフェンスには3〜4人のレシーバーがいますが、外側にエースレシーバーを配置することが多いので、対面になるコーナーバックはそのレシーバーにパスを通されないようにマークするのが最大の役割です。

 

フィールド中央で起きているプレーはディフェンスプレーヤー全員でカバーできますが、外側で起きていプレーはCBしか対応できません。

 

なので、CBがしっかりと仕事ができないとレシーバーにパスを通され放題になってしまいます。

 

CBの難しさ

 

前回書いたラッシャーであれば失敗しても次できればプラスマイナスでプラスぐらいのスタンスでOKですが、CBの場合、失敗すれば即得点になることが多く、失敗に対してよりシビアなポジションです。

 

サッカーで例えるなら同じ「CB」と書くセンターバックでしょうか。なによりも安定感が求められます。

 

john_terry

 

エースレシーバーへのロングパスをカットし、ショートパスには素早く反応して、捕ってから走ることを許さない、これをCBは試合を通じてやっていくわけですが、おもしろいことにCBが優秀であればあるほど出番が減っていきます。

 

CBがレシーバーをきっちりマークしているとそのレシーバーにパスを投げることができないので、結果的にそのCBの周りにパスが飛んでくることがなくなってしまいます。

 

もはや、そのCBのいるところに投げられない、投げてもパスが成功する確率が低い、もしかしたらインターセプトされてしまう、とQBが判断すれば、そのCBがいるサイドを諦めてしまいます。

 

そんな支配力を持ったCBをアメフトでは「シャットダウン・コーナー」という称します。

Jets score big with Darrelle Revis reunion - USA TODAY


そんな輝けば輝くほど影になる、「影の支配者」がコーナーバックです。


といっても、いつまでも影でいるのもアレなので、わざとカバーを甘くすることでパスを投げさせてインターセプトを狙う、ということもします。

 

そういうCBはQBやっていてなかなか嫌です。

 

NFLにも「シャットダウン・コーナー」と呼ばれるプレーヤーがいるんですが、ボールが飛んでこない故、ハイライトがそこまで映えないのが残念です。

 

というわけで、コーナーバックについてでした。

Written by Kyohei. (@twitter&@facebook)

にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ