RED ZONE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~My Weapon is untiring K.U.F.U.~

作戦の作り方 その5 「フォーメーションの使い分け Vol.2」

Flag Football Flag Football 作戦-Offense
 あとで読む

Sponsored Link

今回は作戦の作り方の続きを書こうと思います。

 

前回までは「右ツイン ノーバック」「左ツイン ノーバック」「右トリップス」について書いてきました。

 

今回は「ドラゴンフライ」についてです。

 

f:id:boekendorp:20150823233427j:plain

 

上図は左右にレシーバーが1人ずつ配置されているので「ドラゴンフライ バランス」となり、下図は右サイドに2人配置されているので「ドラゴンフライ 右ツイン」と呼びます。

f:id:boekendorp:20150823233427j:plain

 

 

バランスもツインもドラゴンフライではセンターからのスナップを受けられる位置に2人配置されています。

 

これは「ツインQB」とも言いますが、QBを2人配置することでブリッツの狙いを絞りづらくするなどディフェンスの混乱を生じさせる目的があります。

 

また、2人のQBをQBとRBのように一方がスナップを受け取って、もう一方がハンドオフを受けて走るという使い方もあります。

 

 

そういったなかでこのフォーメーションで一番使われるのは、実質QBランができるようなプレーです。

 

QBランは中学生以上のルールで行うことはできませんが、一方がスナップを受け、もう一方にすぐボールを渡してしまえば、そこからパスを投げることもできますし、走ることもできます。

 

パスの投げ手が走る可能性があると、最後までパスプレーかランプレーか判断できないので、一気にディフェンスの難しさが難しくなります。

 

f:id:boekendorp:20150823235517p:plain

 

例えば、こういったプレーが有効です。

 

赤矢印はボールの動きです。

 

これはオプションと呼ばれ、相手ディフェンスの動きを見ながらハンドオフを入れるのか入れないのかを決めるプレーです。

 

このプレーの解説はまた明日書きます。

 

 

Kyohei

 

note.mu