RED ZONE

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~武器はたゆまぬ K.U.F.U.~

作戦の作り方 その6 「フォーメーションの使い分け Vol.3」

 あとで読む

Sponsored Link

今回はドラゴンフライからのオプションプレーについて書きたいと思います。

 

  

 

ドラゴンフライからのオプションプレーは下図のようなものです。

f:id:boekendorp:20150823235517p:plain

 

赤矢印はボールの動きです。

 

右QBにロングスナップして、左QBに手渡しします。

その後、右QBが左QBの前を横切りハンドオフをします。

 

このプレーの特徴は左QBがハンドオフで右QBにボールを渡すかどうかを、相手ディフェンスの動きを見て判断する点です。

 

普通のハンドオフのプレーと違って、ドラゴンフライからやることで、ディフェンスから離れた位置で渡す側が前向きにハンドオフがすることで後出し的な可能になります。

 

このプレーのコンセプトはアメフトで数年前から流行している「Read Opition」に近いです。

 

 

 

 

 

ただ、フラッグの場合には右QBのランか左QBのランだけではなく、パスもあります。

 

f:id:boekendorp:20150825220457p:plain

 

上図のようにブリッツと右CBが右QBのランを追えば左QBはハンドオフせずに走ります。

 

右CBとSはレシーバーを追って後ろへ、LBは右に追っていくので真ん中に走るスペースができます。左右のCBやLBが、スクリメージを越える前にそのランを止めようと前に出てきたなら必然的にレシーバーが空くのでパスに切り替えます。

 

 

f:id:boekendorp:20150825221016p:plain

 

上図のようにブリッツが右QBを、左CBがレシーバーを、LBが左QBを追えば、右QBのランか、左のレシーバーへのパスを選択します。

 

どちらの選択肢でもディフェンスはついていますが、よほどブリッツが速くないと外側を走って行く右QBを止めることが難しく、よほどLBが反応早くないと左QBがパスを投げるのを防ぐことはできません。

 

となると、左レシーバーと左CBのスピード勝負になりますが、これも自分の方向に対するランを全く無視してパスカバーにいくことは難しく、一瞬でも躊躇させることができればスピード勝負で勝てます。

 

 

このプレーを止めるにディフェンスは早く両QBにプレッシャーをかけなければいけません。

 

しかし、オフェンスはそれとさせないように、ドラゴンフライから違うプレーも用意しておきます。

 

例えば、ロングスナップを右QBではなく左QBにするなどです。

 

左QBから右QBへの手渡しを省略した分、右QBがハンドオフせずに走るプレーはできなくなりますが、その代わりLBがスクリメージラインを越えてフラッグを取りに行くことができなくなります。*1

 

オフェンスは左QBのランができない分、レシーバーのルートなど工夫が必要ですが、このプレーを混ぜることで、ディフェンスは少しだけプレーを確認してからの反応を強いられてしまいます。

 

特にLBはスナップしてすぐにプレッシャーを掛けたくて仕方ありませんから、まだ誰にもボールを渡していないのにスクリメージラインを越えてしまう反則をしてしまいがちです。

 

自分自身、この局面を打破するためにこの反則を誘い何度も流れを持ってくることに成功しています。

 

ただ、そういった反則を誘発させるためには、試合全体での組み立てが必要です。

 

まずは右QBのランで確実に進めて相手ディフェンスがそこを2人で止めにいかなければいけない状況を作ります。そうなると左QBのランやパスが優位な状況になります。

 

そうなると、今度はディフェンスがブリッツやLBのやり方を変えてきます。

 

「ドラゴンフライだったらオプションプレーが来る!」と思い込ませることで、ディフェンスは反則をしてしまいます。

 

 

ディフェンスがプレー中に反則すると、「フリープレー」と呼ばれ、オフェンスはリスク度外視でロングパスを投げることができます。

 

なぜなら、ディフェンスがプレー中に反則すると、ボールデッド後に反則を適用するかどうかを決められるので、

 

・パスが成功すれば適用せずロングパスで進んだところまで

 

・パスが失敗すれば適用して5ヤード進んでファーストダウン

 

と、どちらにしても条件がいいところから次のプレーがはじめられます。

 

 

ハンドオフのタイミングや左QBの判断力など使うためのテクニックが必要ですが、使いこなせればかなり効果的なので、オフェンスの軸として使っていくことも可能です。

 

 

ということで、今回はドラゴンフライからのオプションプレーについてでした。

 

Kyohei

 

*1:NFL FLAGルールの場合、直接スナップを受けたオフェンスプレーヤーが他のプレーヤーにハンドオフ、トスなどをするまでは攻撃開始地点を越えてフラッグを取りに行くことはできません。