RED ZONE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~My Weapon is untiring K.U.F.U.~

NFL FLAG '16春 南関東2日目の試合の様子を動画で紹介

Flag Football Flag Football-NFL FLAG Flag Football-Game Review
 あとで読む

Sponsored Link

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)

今回はNFL FLAG '16春 南関東大会2日目の試合のレビューなどをしたいと思います。

f:id:boekendorp:20160314011201p:plain

 

大会1日目の動画

5月8日に行われた大会1日目の動画はこちらです。

NFL FLAG ’16春 南関東大会(一般)1日目 - YouTube

 

どの動画も1週間弱で再生回数が100を越えてたので、今後も続けていきたいと思っています。

 

大会1日目の優勝チーム「中大OBラクーンズ」、準優勝チーム「丸山ドミトリーズ」はプレーオフ進出を決めました。過去に東日本大会に進出したことがある2チームが勝ち抜けとなりましたが、大会2日目も過去に好成績を残しているチームがしのぎを削りました。

 

大会2日目の動画とレビュー

前回、YouTubeの動画の埋め込みを多く使ってページが重くなってしまったので、今回はリンクのみを貼ります。PCだとクリックすれば別タブでYouTubeに飛びます。

 

枚方リンクス vs イーストシニアレイバンズ

1回戦でいきなり実績のあるチーム同士の対決になりました。枚方リンクスは'16秋に東日本大会進出、イーストシニアレイバンズは同じく'16秋に東日本大会を勝って日本大会に出場しています。(東日本大会で負けたのは自分たちです)

【フラッグフットボール】枚方リンクス vs イーストシニアレイバンズ 160515 - YouTube

 

東京アズーリ vs 東京ヌードラーズ

東京ヌードラーズは'16春に東日本大会に進出しています。QBのパスが速くて捕るのが痛そうです。東京アズーリはこの試合、確実なディフラッグ(フラッグを取ること)とうまくシームを突いたオフェンスが非常に印象的でした。

【フラッグフットボール】東京アズーリ vs 東京ヌードラーズ 160515 - YouTube

 

枚方リンクス vs 川崎スーパーフリークス

川崎スーパーフリークスはチーム紹介の記事を書きましたが、タッチフットボールチームで、今回は久しぶりにフラッグフットボールだそうです。なんとなくですが、作戦の感じが少しフラッグフットボールと違う気がしました。

qboekendorp.hatenablog.com

【フラッグフットボール】枚方リンクス vs 川崎スーパーフリークス 160515 - YouTube

 

昭和大学マッドドックスA vs リトルトマファミリーズ

昭和大学マッドドックスは現役アメフト部らしく、そんな運動能力にアドバンテージがあるチームを相手に長くプレーされているチームがどう戦うかというのはフラッグフットボールらしい構図で非常に興味深かったです。試合の半分しか撮れなかったのが残念です。 

【フラッグフットボール】昭和大学マッドドックスA vs リトルトマファミリーズ - YouTube

 

サムライヤンキース東京 vs 東京ヌードラーズ

サムライヤンキース東京は'15秋に東日本大会を勝って日本大会に出場されているチームで、個人的にかなり注目のカードでした。

【フラッグフットボール】サムライヤンキース東京 vs 東京ヌードラーズ 160515 - YouTube

 

イーストシニアレイバンズ vs サムライヤンキース東京

試合に負けたチーム同士の交流戦でまたも強豪同士の対戦になりました。

【フラッグフットボール】イーストシニアレイバンズ vs サムライヤンキース東京 160515 - YouTube

 

枚方リンクス vs 東京ヌードラーズ 決勝戦

1日目の決勝戦でもそうでしたが、最後の最後に1歩足りなくてディフラッグできずに勝敗が決するという試合展開は見ていておもしろかったです。どんなスポーツでも最後の最後での勝負強さが優勝できるかどうかを決めますよね。どうやったら勝負強くなるかはわかりませんが。

【フラッグフットボール】枚方リンクス vs 東京ヌードラーズ 160515 決勝戦 - YouTube

 

大会2日目の総括

5月15日の大会2日目は

優勝:東京ヌードラーズ

準優勝:枚方リンクス

という結果になりました。

 

この2チームは7月10日に行われるプレーオフに進出します。

 

また、女子カテゴリでは、慶應ユニコーンズガールズチームと言問シープスの試合が行われ、慶應ユニコーンズガールズチームが前週に続き2連勝となりました。

 

これで慶應ユニコーンズガールズチームが東日本大会進出を決めました。大人でもそうですが、女子プレーヤーはパスキャッチがなかなかうまくいかない傾向にあると思うのですが、ギリギリのところを来たパスを腕を伸ばしてキャッチするシーンが何度もあり、驚きました。

 

自分のチームは5月28日の大会4日目から参戦予定ですが、早くプレーしたくなりました。 

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)