RED ZONE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~My Weapon is untiring K.U.F.U.~

先週気になったニュースや記事 6月Week2 「身長168cmのメジャーリーガー」ほか

Weekly News
 あとで読む

Sponsored Link

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)

今回は先週気になったニュースや記事などについて書いていきたいと思います。

f:id:boekendorp:20160314011201p:plain

 

総額122億円のオファー

昨年のスーパーボウルMVPのボン・ミラーが総額122億円のオファーを拒否したそうです。問題は保証額と最初の3年に支払われる額だそうです。NFL Japanのニュースには何年間での契約なのか書いてありませんが、NSPNのニュースによると6年契約だそうです。

また、最初の2年間の保証額は約40億円で、フランチャイズ指定になると1年契約で15億円なので、ボン・ミラーからすれば長期契約のほうがお得な感じはしますが、今シーズンさらに活躍してさらに巨大契約を獲得するつもりなんでしょうか。

www.nfljapan.com

espn.go.com

 

ラックがNFL史上最高給プレーヤーに?

ルーキーイヤーからチームをプレーオフに導くなど安定した活躍を見せるインディアナポリス・コルツのアンドリュー・ラックが25億円を越える契約を結びNFL史上最高給プレーヤーになる可能性があるそうです。

プレーオフではあまり活躍していないラックにそこまで払うのか、というのは驚きですが、それ以上に現在の最高年俸がボルティモア・レイブンズのジョー・フラッコだというところにも驚きました。

www.nfljapan.com

www.nfljapan.com

 

キャパニックは復活するのか

サンフランシスコ・49ersのコリン・キャパニックですが、個人的には彼のランプレーは見ている分には楽しいですが、パスがかなり向上しない限り活躍は難しいと思います。

www.nfljapan.com

www.nfljapan.com

sports.47news.jp

 

ブレイディの欠場が決定的

いまさら感が否めません。テキサンズとは3戦目にアウェイであたるので、ラッキーといえばラッキーです。

www.nfljapan.com

 

ドラフト1位と4年30億円契約

1年目から先発QBとして期待されるとはいえ、まだNFLプレーヤーとしての能力もわからないのにこの額、やはりNFLはハンパないです。

www.nfljapan.com

 

メジャーリーグも即戦力重視の傾向

NFLはドラフト指名で即戦力が求められていますが、MLBはドラフト1位選手でもマイナーリーグで3年は経験を積んでからメジャーデビューするのが通例でした。最近はそうでもないみたいです。

full-count.jp

www.akisane.com

 

身長168cmのメジャーリーガー

現役メジャーリーガーで最も身長が低いと言われているアストロズのアルテューベが今季最速で「2桁本塁打&2桁盗塁」を達成しました。子どものころから、カラダが小さくとも思い切り振ることを指導されたそうです。

 

自分も同じぐらいしか身長がありませんでしたが、ガンガン振っていくスタイルでした。左打ちで足が速かったので逆方向に転がして足で稼ぐというバッティングを期待されていましたが、あえて全部無視していました。

 

ちゃんと振ることができないのに、軽く当てるようなバッティングをしていると何の怖さもないバッターになってしまうと思ったからです。ちゃんと振ってどんなボールでもコンタクトできる技術と筋力を身につけてから自分のバッティングスタイルを構築していこうと考えていました。

 

とかく、右に打てとか転がせとか言われてしまう野球の指導ですが、ちゃんと振る、というのが一番重要だと思っています。

full-count.jp


 

子どもが聞いてくれるときは、欲しい情報があるとき

「コーチや親の言うことを簡単に受け入れたら、それがどんなに正しくとも子どもにとっては危ないんです。なぜなら、自分の個性とか特徴という自分らしさ(=アイデンティティ)がなくなることに関わるから。だから、自分が欲しい情報かどうかを選んでいるし、情報には優先順位があるんです」

 アイデンティティとは何か、というのは難しい話だと思いますが、前述の自分のバッティングに対する考え方は誰にも話したことありませんでしたが、誰も矯正しなかったのには感謝しています。

www.sakaiku.jp

 

石井琢朗というカープの宝

昨シーズンは3塁コーチャーとして随分叩かれてしまいましたが、石井琢朗選手がカープに移籍していなかったらカープは崩壊していたかもしれません。記事の最後のほうに少し言及していますが、前田智徳選手が孤立しがちだったのをまとめてくれたんだと思っています。

wedge.ismedia.jp

 

前田智徳&石井琢朗の詳しい話についてはこの本で。

過去にあらがう

過去にあらがう

 

 

金融マンがメジャーリーグのGMになる道のり

レイズの快進撃は記憶に新しいですが、そのときのGMがいまはドジャースにいるそうです。「金満球団ドジャース」とありますが、2011年に破産したはずなんですが、どうやって復活したんでしょう。そっちも気になります。

www.akisane.com

 

ドローンの可能性

フラッグの動画をドローンで上から撮るとわかりやすくていいですよね。記事にあるドローンは18万円だそうです。

japanese.engadget.com

 

先週の「RED ZONE」

だいたい毎週4本の記事更新が続いています。大会期間中の土日に書くのは難しいので、ちょうどいいくらいの頻度かなと思っています。これに寄稿とかが増えてくるとおもしろいんですが、なかなか書けてもらっていません。

ルール統一の記事は結構私見を書いたので、それに対するアンサー記事などあったらおもしろいなと思っています。寄稿者を募集しています。

qboekendorp.hatenablog.com

qboekendorp.hatenablog.com

qboekendorp.hatenablog.com

qboekendorp.hatenablog.com

 

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)