RED ZONE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~My Weapon is untiring K.U.F.U.~

2017年2月に「RED ZONE」でたくさん読まれたフットボール記事

その他
 あとで読む

Sponsored Link

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)

今回は、2017年の2月の「RED ZONE」アクセスランキングについて書きたいと思います。

f:id:boekendorp:20170314010730p:plain

 

月間アクセス数

2月はスーパーボウルがあったということで、いままでよりも多くのアクセスがありました。ただ、月後半ははてなブログの検索の強さが弱まってしまったので、1月よりもアクセスは減ってしまいました。

 

具体的な数としては、28000アクセス、のべ22000人となりました。

 

累計のアクセス数は25万ぐらいになりました。自分の感覚としては、たくさん記事書いているわりには少し物足りない気がしています。今後、どうやったらアクセスが増えるのか、考えていきたいと思っています。

 

10位 スーパーボウルの何がすごいのか

qboekendorp.hatenablog.com

 

昨年の記事ですが、facebookに載せたらそこそこアクセスがありました。内容をアップデートほうがよかったかも、といまになって思っています。

 

9位 第51回スーパーボウルをこれから観る初心者向けの注目ポイント(ネタバレなし)

qboekendorp.hatenablog.com

 

結果を知った上で、注目して欲しいポイントを書くという少し変わった視点で書いてみました。試合前に書くのとは違って予想が全く外れてしまうということがないので、あまりNFLを知らない人が観るための記事としてはよかったのかなと思っています。

 

8位 オードリー若林が体育会TVでアメフト&NFLを熱く語った動画

qboekendorp.hatenablog.com

 

動画は消されてしまったので、観ることができませんが、やっぱり地上波の力は大きいように思いました。だんだんオードリーとアメフトというつながりが認知されはじめているような気がしています。

 

7位 アメフト好きな芸能人

qboekendorp.hatenablog.com

 

facebookに載せたところ予想以上のアクセスがありました。前述のオードリーは認知されていても、相武紗季はあまり知られていなかったのかもしれません。これからアメフト好きの芸能人が増えていけば記事も更新していこうと思っています。

 

6位 「法政大学トマホークス」が「オレンジ」にチーム名変更

qboekendorp.hatenablog.com

 

5位 IBM栗原選手が語るレシーバーのパスルートランのコツ

qboekendorp.hatenablog.com

 

NFLに一番近い日本人選手とも言われている栗原選手がTwitterに載せたルートランのコツです。最近ダルビッシュがYouTubeをはじめましたらがトッププレーヤーがこうやって身近にテクニックを教えてくれることは普及にとっても大きな意味があるように感じました。

 

4位 アメフトやフラッグフットボールのスパイラルがかかったパスの投げ方

qboekendorp.hatenablog.com

 

スパイラルをかける投げ方についての記事です。いつも安定的に検索でアクセスされています。やはり楕円形のボールを投げるのに苦労しているプレーヤーが多いのだと思います。ここでは自分が思うポイントしか書いていませんが、他の人はどのように投げているのか同じテーマで違う人が書いていくとおもしろいかなと思っています。

 

3位 第51回スーパーボウルの注目選手と勝敗予想

qboekendorp.hatenablog.com

 

スーパーボウルの勝敗予想を検索してアクセスした人が多かったようです。予想は当たりではないですが、大きくハズレでもありませんでした。

 

2位 オードリー若林が体育会TVで紹介したアメフトNFLの「JJ ワット」を詳しく!

qboekendorp.hatenablog.com

 

ヒューストン・テキサンズのJJワットについての記事です。彼の存在はこれぞNFLという感じで、これから日本でもアイコンとして認知されていけばいいなと思っています。それにはまずスーパーボウル進出というのが必要になるので、どうにか2017年シーズンは勝って欲しいところです。

 

1位 オードリー若林が体育会TVで紹介したアメフトNFLの「トム・ブレイディ」を詳しく!

qboekendorp.hatenablog.com

 

2月で一番アクセスを集めたのはトム・ブレイディについての記事でした。JJワットと並ぶNFLの象徴で、戦歴が抜群で、イケメンで、なのに実はドラフト下位からの成り上がりというJJワットにはない要素を持っています。

 

今後、どれだけ現役を続けるのかわかりませんが、勝ちすぎるのも飽きられてしまうのでほどほどに続けていって欲しいです。もっと言うと、他のチームでプレーしても優秀なのか、というのが気になります。

 

引退―嫌われ者の美学

引退―嫌われ者の美学

 

 

ということで、2017年2月のまとめでした。

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)