RED ZONE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~My Weapon is untiring K.U.F.U.~

ラッシャーのブロックを利用したディフェンスのポイント

 あとで読む

Sponsored Link

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)

今回はラッシュのブロックの作戦について書いていきたいと思います。

f:id:boekendorp:20170125211156j:plain

 

ラッシュの目的

以前の記事で「QBサックだけを狙ってくるラッシャーは怖くない」ということを書きました。ラッシャーはあくまでプレー失敗を目的にラッシュに行っているので、その方法がQBサックだけに集中してしまうと逆効果になりかねない、という話でした。

 

qboekendorp.hatenablog.com

  

QBをどちらかにロールさせること、体勢を崩させること、パスをブロックすること、視線を遮ることなどといったことを駆使してプレー失敗に追い込まなければいけません。

 

イメージはバレーのブロック

バレーボールではスパイクをネット際でブロックしますが、単純にアタッカーが打ってくるところに飛んでもブロックできません。

 

例えば、コート端から打ってくるスパイクに対して、まっすぐか、クロスか、どちらかのコースをブロックしにいきます。他のメンバーはブロックしていないコースに打ってきたときに備えてその飛ぶエリアに構えてレシーブします。

 

http://www.geocities.jp/volleylovers/formation4.gif

引用:For Volleyball Lovers

 

この連係がうまくいっていないと、ブロックできればいいけど、できなかったらほぼレシーブもできないという状態になってしまいます。

 

サッカーのFKでも同じです。ゴールの前に数人並んでいる壁はただ前に立っているのではなく、ゴールキーパーが届かないコースに蹴られないように、ボールに近いサイドか遠いサイドをブロックしています。

https://chanchakorinmanyoji.files.wordpress.com/2015/04/dscf03910.jpg

引用:【GK分析】FKの壁、どう作る? – ゴールキーパーの悩みや問題を解決!山野陽嗣の【全国出張GK指導】【GK練習会】【GK分析】

 

このように、多くのボールゲームにおいて、攻撃の起点でブロッカーが攻撃範囲を狭め、そこに残りソースを注力するという作戦があります。

 

フラッグに応用

これをフラッグフットボールのラッシュにも応用してみます。

 

「1-3 ZONE」

f:id:boekendorp:20170125212544p:plain

 

「2-2 ZONE」

f:id:boekendorp:20170125212832p:plain

 

ゾーンはフィールドを5分割して左前のゾーンを空けた守り方です。そして、ここに投げられないようにラッシャーはQBの左のブロックしにいきます。

 

ラッシャーのブロックによって左前を狙われにくくし、それによって守る範囲を狭くしたことによって残りのゾーンを厚く守ることができます。

 

バレーボールやサッカーと違い、ブロックの上を通されることは比較的簡単かもしれませんが、上を通されるということはパスの対空時間が長いのでその間に多少は詰めることができます。あとは、割り切りです。

 

センターをキーにする

ブロックでサイドを限定する他にもうひとつ相手の攻撃を限定させる方法があります。

 

それはレシーバーを限定するということです。言ってしまえば、ラッシャーがQBにプレッシャーをかけつつ、特定のレシーバー1人へのパスをブロックしにいくことができればパスカバーはかなり有利になります。

 

そこで狙うのがセンターです。

 

センターはプレー開始時にスナップしなければいけないのでどうしてもスタートが遅れてしまいます。なので、あまりロングパスのターゲットには向いておらず、ショートパスで多く使われます。しかも、ラッシャーの正面にいるので走りながらどこに走ったのかがだいたいわかります。

 

なので、センターが走ったサイドをラッシャーがブロックしにいく、ということができます。

 

4人のレシーバーのうち1人でも厚くカバーをすることができれば、パス失敗の可能性は高まります。メインターゲットをうまくカバーすることができていれば、センターへのチェックダウンパス(近距離の安全重視のパス)を防ぐことができ、結果的にQBサックすることができるかもしれません。

 

2つの組み合わせ

上記2つの守り方を組み合わせると、センターが走ったサイドのアンダーカバーを空けて、ラッシャーのブロックに任せる、という守り方もできます。

 

f:id:boekendorp:20170125213208p:plain

 

できます、と書きましたが、実際はできるかどうかわかりませんし、どこまで効果的なのかもわかりません。

 

ただ、単純に4分割ゾーンで闇雲にラッシュにいった結果、シーム狙われてズルズル進まれるようであれば、こういった5人で6人分の役割をするような攻めた守り方も時にはやったらいうのではないかな、と思います。

 

リスクをチャンスに変える4つのメソッド ?ビジネスを加速させるリスクマネジメントの極意?

リスクをチャンスに変える4つのメソッド ?ビジネスを加速させるリスクマネジメントの極意?

 

 

ということで、ラッシュのブロックを利用した守り方についてでした。

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)