RED ZONE

RED ZONE

フラッグフットボールやアメフトについてあれこれ書きます。~武器はたゆまぬ K.U.F.U.~

リバーサイドギャンブラーズ市川がアジア・フラッグフットボール選手権を制覇!

 あとで読む

Sponsored Link

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)

今回は第2回アジアフラッグフットボール選手権について書いていきたいと思います。

 

f:id:boekendorp:20170531221119j:plain

引用:さぁ アジアチャンピオンは今日 決まります 頑張れ 日本❗... - 国際ルールのフラッグフットボールで世界に挑戦しませんか? | Facebook

 

第2回IFAFアジアフラッグフットボール選手権

2017年5月27日~28日に国際アメリカンフットボール連盟アジア地区(IFAF ASIA)が主催する「第2回IFAFアジアフラッグフットボール選手権」がフィリピンで開催されました。

 

この大会では、日本、韓国、タイ、クエート、ベトナム、フィリピンの6カ国が出場しています。

 

 

日本代表は3月26日に開催された「第6回JAFAフラッグフットボール日本選手権」で優勝した「リバーサイドギャンブラーズ市川」が出場しました。

 

 

前回大会

第1回IFAFアジアフラッグフットボール選手権は2015年の4月にベトナムで行われています。出場国は、日本、韓国、タイ、クウェート、ベトナム、フィリピン、マレーシア、サウジアラビアの8カ国です。

 

日本代表チームは、リバーサイドギャンブラーズ市川、FFFC川崎フロンティアーズ、中野バグースの3チームのメンバーで構成されました。

 

結果は、優勝はタイ代表の優勝、日本代表は準優勝でした。

 

試合の様子はYouTubeにもアップされています。

www.youtube.com

 

2017年大会

そして、今大会はというと、初日の1次リーグを1位で通過し、2日目の決勝トーナメントでは開催国のフィリピン代表を下し、決勝では前回優勝のタイ代表に勝ち、アジアチャンピオンになったそうです。

 

 

日本代表の試合はありませんが、試合の動画がYouTubeにアップされています。

 

クウェートvs韓国

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

フィリピンvsタイ

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

フィリピンvsクウェート

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

準決勝 タイvs韓国

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

フラッグフットボールの国際試合

最近はフラッグフットボールの国際大会が毎年のように開催されているようなんですが、個人的にはそのへんに絡んでいないので何がなにやらという感じです。

 

おそらくややこしいのは、各国の優勝チームが集まって戦う「クラブチャンピオンシップ」と各国から選抜された代表選手が集まって戦う「ナショナル選手権」があるのに、日本は基本的にどっちの大会もほぼ「JAFAフラッグフットボール日本選手権」などの大会優勝チームが出場することになっているからのような気がします。

 

サッカーで言うと、ワールドカップに浦和レッズが出場するみたいな感じでしょうか。

 

2016年9月8日~11日に行われたのは「第8回IFAFフラッグフットボール世界選手権」で京都ジュベナイルズ(1名のみマッスル糸島)が日本代表として出場しています。

 

2016年9月24~25日に行われたのは「第3回IFAF アジア・フラッグフットボール・クラブチャンピオンシップ」で、上ヶ原ウォーリアーズと中野バグースが出場しています。

 

基本的には隔年で開催されているみたいですが、そうではないときもあるみたいです。

 

第1回アジア・フラッグフットボール・クラブチャンピオンシップ

蛇足ですが、第1回アジア・フラッグフットボール・クラブチャンピオンシップでは、所沢WILD359ersが7位になっています。

 

 

このときは試合うんぬんの前に言語と暑さの壁にやられた覚えしかないです。

 

なんにせよフラッグフットボールが世界中に広がっていくことはいいことですし、日本代表が優勝したということで非常に喜ばしいことですよね。直接は関わりは少ないですが、なにかしらで支援していければと思っています。

 

決戦前夜―Road to FRANCE

決戦前夜―Road to FRANCE

 

 

ということで、第2回アジア・フラッグフットボール選手権についてでした。

Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)